1. ホーム>
  2. くらし・手続き・環境>
  3. 水道>
  4. 水道メーターの検針について

くらし・手続き・環境

水道メーターの検針について

  • 水道メーターの検針は2ヶ月に1回奇数月に行います。
  • 検針で計量した2ヶ月分の水量を2等分し、1ヶ月分の料金を算定します。
    算定数量が割り切れない場合は、前月分を切り上げ、当月分を切り捨てて算出します。



各ご家庭等の水道メーターは、奇数月(20日ごろから月末)に検針員が巡回して検針を行っています。
検針は水道料金を決める大切な仕事です。検針を正確、且つ効率よく行えるように、次の点で皆様のご協力をお願いします。



  • メーターボックスの上には、車両を駐車したり、物を置かないで下さい。
  • 犬等は、水道メーターや郵便受けから離して繋いでおいて下さい。
  • 家の増改築等で、メーターが床下や屋内なるときは、鉾田市指定給水装置工事事業者に依頼し、屋外の見えやすい所へ移動して下さい。なお、工事費用はお客様ご負担となります。
  • 地下式メーターボックスの場合、土や水等が入り、指針(数字)が見えにくくなりますので、ときどき掃除してきれいにしておく等、適切に管理下さいますようお願いします。
    また、ふたが割れている場合は、早めに交換をして下さい。
    なお、その場合の費用はお客様のご負担となります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課です。

〒311-1522 鉾田市塔ヶ崎790番地2

電話番号:0291-32-4333 ファックス番号:0291-34-7467

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る