健康・福祉・医療

養育医療

養育医療(未熟児養育医療給付制度)の概要

出生児体重2,000グラム以下などの未熟児に対して、養育のため病院に入院することが必要な場合、その入院治療に必要な医療保険による患者の自己負担を公費で給付する制度です。
病院は指定養育医療機関(新しいウインドウで開きます)(新しいウインドウで開きます)であることが必要です。ただし、県内、県外を問いませんので、お問い合わせください。
また、世帯の所得税額に応じて自己負担金があります。



対象となる方

鉾田市に住民登録があり、出生直後に次に掲げるいずれかの症状があり、医師が入院養育を必要と認めた乳児(0歳児)が対象です。

  • 出生時の体重が、2,000グラム以下
  • 生活力が特に薄弱であり、運動不安、体温が34℃以下、チアノーゼ、生後24時間以上排便なし、黄疸等症状がある場合



給付の範囲

診察、薬または治療材料、医学的処置・手術及びその他の治療、病院または診療所への入院、移送(特定の場所に限る。)
ただし、保険が適用されない医療費(おむつ代、ねまき代、差額室料、文書料等)は、給付対象外となります。



申請方法

医師から養育医療について説明を受けた方は、保険年金課にご相談下さい。
その後、下記の必要な書類を添えて申請となります。



申請にあたり必要な書類(必ず入院中に申請をしてください)



申請後

給付が承認されますと、「養育医療券」がご自宅に郵送されます。
届きましたら医療機関へ提出してください。なお、申請から交付までに2週間程かかります。



有効期間

「養育医療券」には、医師の意見書に準じた有効期間があります。1歳未満の乳児が対象となります。ただし、入院養育が対象となりますので、退院後の通院や再入院は対象外となります。



自己負担金

世帯全員の所得税額を基準とし、自己負担額が決定されます。自己負担額について、鉾田市母子保健法施行細則別表のとおりです。
また、医療福祉費支給制度(マル福)に該当の方は、マル福の自己負担限度額までとなります。



その他

「養育医療券」の有効期限を超える医療の継続、医療機関の変更、氏名や住所など養育医療券の記載事項に変更が生じた場合は、届出が必要となります。
なお、鉾田市外へ転出された場合には、新しい住所地で再申請が必要となります。



関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

市役所本庁舎 1階 〒311-1592 鉾田市鉾田1444番地1

電話番号:0291-36-7642 ファックス番号:0291-32-2128

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る