教育委員会事務局

文化財防火デー

毎年1月26日は、「文化財防火デー」です。

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の 木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損した ことを契機としています。

第65回文化財防火デーにともなう訓練は、市民への文化財の周知と防火 意識高揚のため、市内の指定文化財等を対象に鉾田市消防団、鉾田消防署の協力を得て、平成31年1月27日(日)午前9時30分から鉾田市大和田地区内の主石神社を対象に、文化財の消火訓練を実施しました。

 

開会式の様子

 『開会式(1)(警防)』の画像 『開会式(警防)2』の画像

神社総代によるバケツリレーの様子

 『通報訓練』の画像 『バケツリレー』の画像

消防署員、消防団員による一斉放水訓練の様子

 『65回放水1』の画像 『65回放水2』の画像 『65回放水3』の画像

 『65回放水4』の画像 

消火器の使用方法説明会の様子

 『65回消化器説明1』の画像 『65回消化器説明2』の画像

消火器を使用した消火訓練の様子

 『65回消化器訓練1』の画像 『65回消化器訓練2』の画像 『65回消化器訓練3』の画像 

『65回消化器訓練4』の画像

 

主石神社について

主石神社は昭和62年4月1日に市指定文化財建造物第1号に指定されております。

創建、造営ともに不詳。しかし、延喜式神名帳(927)に記載されている常陸国28座の1座である。

式内社は鹿行地区では鹿島神宮と本社のみである。

古老の伝承によれば、「昔、ある里人あり。地中よりこぶし大の石を得たり。袖の中に入れて置くに、

やや長大になれば人みな神石なりとして清地に置く。その後もいよいよ長大となり、遠近の人来たりて

祈るに効験多かりしに、社を建て、主石神社という。」

 『主石神社』の画像

 

 過去に行われた文化財防火訓練の様子

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

旭総合支所 1階 〒311-1492 鉾田市造谷605番地3

電話番号:0291-37-4342 ファックス番号:0291-37-3185

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る