1. ホーム>
  2. 健康・福祉・医療>
  3. 健康・福祉・医療のお知らせ>
  4. 腸管出血性大腸菌O157による食中毒に注意してください

健康・福祉・医療

腸管出血性大腸菌O157による食中毒に注意してください

腸管出血性大腸菌(O157)とは

牛や豚などの家畜の腸の中にいる病原大腸菌の一つで、O157がよく知られています。毒性の強いベロ毒素を出し腹痛や水のような下痢、出血性の下痢を引き起こします。腸管出血性大腸菌は食肉などに付着し、肉を生で食べたり、加熱不十分な肉を食べたりすることによって食中毒を発症します。乳幼児や高齢者などは重症化し、死に至る場合もあります。

台所に潜む食中毒の危険⚠

食中毒は、飲食店などの外食で発生しているだけでなく、家庭でも発生しております。

・牛肉や牛レバーなどの食肉の生食・加熱不十分

・生野菜による料理の温度管理不備(菌の増殖)

いろいろな物に触れ細菌やウイルスの付着した手で食材や食器などを触れること、食器用スポンジやふきん、シンク、まな板などは、細菌が付着・増殖したりウイルスが付着しやすい場所で特に注意が必要です。

食中毒予防の3原則

 食中毒の原因菌は (1)つけない=洗う!分ける!

          (2)増やさない=低温で保存する!

          (3)やっつける=加熱処理!

細菌やウイルスの付着を防ぐ正しい手洗い方

 『正しい手の洗い方』の画像

食中毒かなと思ったら

 おう吐や下痢の症状は、原因物質を排除しようという体の防御反応です。医師の診断を受けずに、市販の下痢止めなどの薬をむやみに服用しないようにし、早めに医師の診断を受けましょう。

 

参考 腸管出血性大腸菌Q&A(厚生労働省)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

〒311-1517 鉾田市鉾田1443番地(鉾田保健センター内)

電話番号:0291-33-3691(直通) ファックス番号:0291-33-3717

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る