健康・福祉・医療

国民健康保険税とは

国民健康保険税は、国民健康保険事業を運営するために、国民健康保険の加入者がいる世帯の世帯主に対して課される税金です。

納めた国保税は、病院などにかかった場合の医療費や、子どもが生まれたり、家族のだれかが亡くなったりしたときの給付に使われます。

また、毎年4月1日を基準に計算し、9期に分けて(7月から翌年3月まで)課税します。なお、年度途中に世帯に変動があった場合には、その加入期間に応じた税額を月割で課税することとなります。

  • 国保税は、他市町村から転入してきたときや、職場の健康保険などをやめたときから国保の資格を取得し、取得した月の分から課税されます。
  • 国保加入の届け出が遅れると、国保加入資格を得た時点まで遡って国保税を納めなくてはなりません。
  • 国保を年度途中でやめたときは、やめた月の前月分までを月割で計算します。



年税額は次の3つを合算して計算されます。下表のとおりです。

国保税については限度額が設けられているため、その額を超えた場合には、限度額が課税額となります。

区分算定方法

所得割額

被保険者の所得に応じて計算

被保険者均等割額

被保険者1人についていくらと計算

世帯別平等割額

1世帯にいくらと計算

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

市役所本庁舎 1階 〒311-1592 鉾田市鉾田1444番地1

電話番号:0291-36-7642 ファックス番号:0291-32-2128

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?