事業者向け

森林の伐採や森林の土地の取得に係る届出

森林の伐採や開発

森林の立木を伐採するときには、森林の種類や開発の規模により森林法に基づく知事の許可または森林が所在する市町村への届出が必要となります。

 

事前に確認いただく事項
地域森林計画の対象となっている森林か

茨城県が作成する地域森林計画の対象となっているかご確認ください。

 お問い合わせ

  鹿行農林事務所林業振興課

  産業経済課畜産林務係

伐採や開発を予定している森林の種類が普通林か保安林か

森林の種類が森林法第25条に基づいて指定された保安林の場合は、知事への事前の届出や許可が必要となります。

 お問い合わせ

  鹿行農林事務所林業振興課

開発等の規模が1ヘクタール未満か1ヘクタール以上か

開発等の規模が1ヘクタール以上の場合は、知事の許可を得る必要があります。

 お問い合わせ

  鹿行農林事務所林業振興課

 

開発等を行う面積が1ヘクタール未満の場合

保安林でない森林の立木を伐採するときには、「伐採及び伐採後の造林の届出書」を市町村に提出する必要があります。

届出の方法

伐採開始日の90日から30日前に、伐採や開発を予定している森林が所在する市町村に次の書類を添えて届出書を提出ください。

(1) 森林の土地の権利を取得していることがわかる書類

  登記事項証明書、土地売買契約書、相続分割協議の目録、土地の権利書など

  ※何れかの写しを添えて提出ください。

(2) 森林の土地の位置を示す図面

  ※任意の図面に位置を記入して提出ください。

(3) 小規模林地開発概要書及び土地利用計画図

  ※開発を伴う届出の場合に提出ください。

 

伐採や開発の完了後について

 伐採や開発をするにあたって提出した届出書の履行状況について、「伐採及び伐採後の造林に係る状況報告書」により市町村に報告する必要があります。

報告の方法

(1) 伐採後に造林する場合

  造林が完了した日から30日以内に報告書を提出ください。

(2) 伐採後に開発する場合

 伐採が完了した日から30日以内に報告書を提出ください。

 

 

 

森林の土地の取得

森林の土地を取得する(取得した)ときには、知事または市役所への届出が必要となります。

 

森林の土地を取得するときの届出(茨城県水源地域保全条例に基づく事前届出制度)

茨城県では、平成24年10月3日付けで、茨城県水源地域保全条例を施行しました。当条例に基づき、森林の土地を取得する場合は、事前の届出として「土地の所有権等の移転等(変更)届出書」が必要です。

届出の対象となる場合

面積の大小にかかわらず、平成25年1月以後に知事が指定する水源地域内の民有林の土地について所有権を有している者が、権利の移転等の契約を締結しようとする場合、事前の届出が必要となります。

届出の方法

契約予定日の30日前までに、知事へ届出書を提出ください。

 お問い合わせ

  茨城県林政課

  鹿行農林事務所林業振興課

 

森林の土地を取得したときの届出(改正森林法に基づく事後届出制度)

個人か法人かによらず、売買契約のほか、相続、贈与、法人の合併などにより、森林の土地を新たに取得した場合に、事後の届出として「森林の土地の所有者届出」が必要です。

届出の対象となる森林の土地

面積の大小にかかわらず、地域森林計画の対象となっている森林が届出の対象となります。

※登記上の地目によらず、取得した土地が森林の状態になっている場合には、届出の対象となる可能性がありますのでご注意ください。

届出の方法

所有者となった日から90日以内に、取得した土地がある市町村の役所に次の書類を添付して届出書を提出ください。

(1) 森林の土地の権利を取得したことがわかる書類

  登記事項証明書、土地売買契約書、相続分割協議の目録、土地の権利書など

  ※何れかの写しを添えて提出ください。

(2) 森林の土地の位置を示す図面

  ※任意の図面に位置を記入して提出ください。

届出の例外

国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を市役所へ提出した場合は、森林の土地の所有者届出は不要です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業経済課 畜産林務係です。

市役所本庁舎 1階 〒311-1592 鉾田市鉾田1444番地1

電話番号:0291-33-2111(代表) ファックス番号:0291-32-2128

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?