1. ホーム>
  2. くらし・手続き・環境>
  3. くらし・手続き・環境のお知らせ>
  4. 結婚に対する事業を支援します 〜鉾田市結婚支援事業補助金〜

くらし・手続き・環境

結婚に対する事業を支援します 〜鉾田市結婚支援事業補助金〜

目的 

鉾田市結婚支援事業補助金は、本市における少子化抑制のため、各種団体が実施する結婚支援に関する事業に対し、補助金を交付するものです。

応募団体の要件

補助の対象となるのは、次の要件に該当する団体です。

(1)5人以上の構成員を有し、構成員の8割以上が鉾田市民であること
(2)主に市内で活動を行っていること
(3)定款、規則または会則を有していること
(4)適切な会計処理がおこなわれていること
(5)自主的かつ積極的に結婚支援活動を推進していること
(6)市の結婚支援事業に積極的に協力できる団体であること

補助対象となる事業

補助の対象となるのは、上記団体が実施する事業のうち、次の要件に該当する事業です。
(1)結婚に対する意識向上等を図る事業(セミナーなど)
(2)出会いの機会の提供を図る事業(婚活イベントなど)
(3)団体の構成員の結婚支援の体制の向上を図る事業(スキルアップセミナーなど)

*ただし上記を満たす場合でも、次に該当する場合は補助の対象となりません。
イ.補助金の申請年度に、鉾田市の他の補助金、助成金等を受けている事業
ロ.当該団体の経常的な運営維持管理に属すると認められる事業
ハ.政治活動・宗教活動・他団体への補助を目的とした事業、及び営利目的の事業

補助対象となる経費

補助の対象となる経費は、補助対象事業をおこなうために必要な経費です。
◇補助対象となる経費の例 ※【】内は項目
ハガキ、切手、電話代【通信運搬費】/ポスター、チラシの印刷【印刷製本費】/事務用消耗品、コピー用紙代【消耗品費】/会場使用料【使用料】/イベント機器の借上げ料【借上料】/イベントにおける参加者の飲食代【食糧代】など
※イベントにおける参加者1人あたりの補助対象経費の上限は5,000円(飲食代上限3,000円)となります。

なお、以下の経費は補助の対象外となります(団体の自主財源から支出してください)。
(1)当該団体の経常的な運営維持管理経費
(2)構成員に対する人件費・飲食代、謝礼・旅費等
(3)構成員以外の5万円以上の謝礼
(4)備品購入費
(5)物品販売に係る経費

ただし,審査会で認められたものを除きます。

団体の募集

補助金を希望する団体は、この要項に定められた募集期間内に、『鉾田市結婚支援事業補助金交付要望書(様式第1号)』に必要書類を添えて、市役所まちづくり推進課へ提出してください。

◇募集期間  令和元年11月29日(金)まで

◇受付時間  9時00分 ~ 17時00分  *ただし、土日祝祭日を除く

◇提 出 先      鉾田市総務部 まちづくり推進課

◇提出書類  

・鉾田市結婚支援事業補助金交付要望書(様式第1号)
・事業計画書(様式第2号)
・事業予算書(様式第3号)
・団体調書(様式第4号)
・団体の定款又は規約 及び会員名簿

補助金審査と補助の内定

提出された事業に対する事業審査を実施し、補助金交付の可否を決定します。

◇審査委員会の構成
審査は行政で構成する「鉾田市結婚支援事業補助金審査会」が行います。

◇審査の内容
審査会は、応募団体より提出された書類について書類審査を行います。
書類審査後、団体に対する事業のヒアリング審査を行います。その際、応募団体は希望により、ヒアリングに替わってプレゼンテーションによる事業説明を行うことができます。(プレゼンテーションの発表形式は各団体の自由です。)

◇審査の基準
事業審査では、下記の項目を中心に着目して審査をおこないます。

(1)公益性 ・・・特定の個人や団体の利益活動・親睦活動ではないか。

(2)実現性 ・・・事業の内容や方法は適当か。/収支計画に無理はないか。
参加者の募集方法は適当か。

(3)継続性 ・・・継続するための組織体制はあるか。
継続的な活動が見込まれるか。

(4)将来性 ・・・将来的に行政と協力体制を構築できるか。
参加者からのアンケートの実施や名簿等を整理し、今後の活動に生かせるか。

◇審査結果と補助の内定
審査の結果、各事業への補助金交付の可否が決定されます。審査結果が「合格」及び「条件付き合格」の場合のみ、補助金の交付申請をすることができます。

◇審査結果の内容は次のとおりです。
・合  格・・・提出された事業内容に対する補助金の交付を内定します。ただし、審査の結果補助金額が減額する場合もあります。

・条件付合格・・・提出された事業内容や予算計画に不備がある場合、内容の修正を条件に
補助金の交付を内定します。補助金額が減少する場合もあります。

・不 合 格・・・事業内容が補助金の交付要件を満たしておらず、補助金を交付できません。

◇審査結果の公表
審査結果は、応募団体へ通知します。

◇審査会の日程
応募があった時点で、随時実施します。
※補助対象事業の事業数及び補助金額は、予算の範囲内で決定します。

補助金の申請と交付決定

審査の結果「合格」・「条件付き合格」の通知を受けた団体は、『鉾田市結婚支援事業補助金交付申請書(様式第5号)』に関係書類を添えて、市役所まちづくり推進課へ提出してください。申請内容に不備がなければ、団体への補助金交付が正式に決定されます。

◇提出書類 ・鉾田市結婚支援事業補助金交付申請書(様式第5号)
・事業計画書(様式第2号)
・事業予算書(様式第3号)
・団体調書(様式第4号)
・団体の定款又は規約 及び会員名簿
※「条件付き合格」の団体は、指摘された内容を修正の上、申請してください。

事業の実施

補助金の交付が決定した団体は、交付決定を受けた事業内容に従い、事業を実施してください。
なお、事業実施にあたり下記項目に該当する場合は、別途手続きが必要となりますので、事前に市役所まちづくり推進課にご相談ください。

・事業内容及び事業予算額に変更が生じる場合
・事業を中止する場合
・団体名、代表者名、事業名、住所、事業期間、代表者印の変更が生じる場合

事業完了と実績報告の提出

補助対象事業が完了したら、事業完了後30日以内、もしくは令和2年3月31日のいずれか早い日までに『事業実績報告書(様式第9号)』及び関係書類を市役所まちづくり推進課に提出してください。

◇提出書類                                                                                                                                                                                   ・鉾田市結婚支援事業補助金実績報告書(様式第9号)
・事業実績書(様式第10号)
・事業決算書(様式第11号)
・補助金の執行が確認できるもの(領収書の写し等)
・事業記録(実施事業の様子や購入物品の写真等)

補助金額の確定と支払い

提出された事業実績報告を審査し、補助金額が確定されます。
確定後、補助金の『交付確定通知書(様式第12号)』を送付しますので、『補助金請求書(様式第13号)』により補助金の請求をおこなってください。

*なお補助金の受け取りは、希望により事業完了前に交付決定された補助金の8割を限度に概算払いの請求ができます。

その他

◇補助事業の発表
当該補助を受け、事業を実施した団体は、鉾田市出会いサポート推進協議会等において、補助対象事業の発表をお願いする場合があります。

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課 総合戦略係です。

市役所本庁舎 2階 〒311-1592 鉾田市鉾田1444番地1

電話番号:0291-36-7154 ファックス番号:0291-32-4622

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る