1. ホーム>
  2. 子育て支援サイト はぐくむほこた>
  3. お知らせ>
  4. 【子育てコラム】~薄着について~

お知らせ

【子育てコラム】~薄着について~

 今年の冬は比較的暖かい日が多いですが、気温が下がる日などについお子さんに厚着させていませんか?子どもは、新陳代謝が激しく運動量も多いので体温が大人よりも高めです。厚着だとすぐに汗をかいてしまい、それが冷えて風邪をひく原因になってしまうこともあります。

 子供は薄着の方が、暑さ・寒さなどの気温の変化を肌で敏感に感じ取ることができ、皮膚の抵抗力が高まり、風邪をひきにくい丈夫な身体をつくることができます。風邪に負けず、元気に体を動かして遊べる子でいられるよう薄着を習慣づけていきましょう!!

 

<衣類は大人より1枚少なめが基本です!!>

室内

◎春・秋・・・半袖肌着+薄手のトレーナー、半袖肌着+薄手の長袖Tシャツ

◎夏・・・Tシャツのみ(肌寒い時は中にランニングやキャミソールを着る)

◎冬・・・半袖肌着+トレーナー、半袖肌着+長袖Tシャツ

外出時

◎カーディガン・ベスト・コート・くつ下

 

<気をつけたいこと>

徐々に薄着に慣らす

 寒くなってからいきなり薄着にするのではなく、寒くなる前から徐々に慣らしていきましょう。秋から厚着にしない習慣をつけておくとよいです。

冬は薄着にしても暖かくが基本!!

 厚手の衣類を1枚だけ着るより、薄手の衣類の重ね着の方が保温効果があります。また、暑ければ1枚脱いだり、寒ければ着たりでき、調節しやすくなります。

首や背中を冷やさない

 血液の滞りやすい首回りや、内蔵のツボが多くある背中は冷やさないように注意しましょう!!ネックウォーマーなどが便利です。

 

<年齢別の着せ方>

◎生後1か月まで・・・保温調節がまだ上手にできません。大人より1枚多めで。

◎生後1~3か月・・・手足の動きが活発になります。大人と同じ枚数で。

◎生後4か月~・・・動きが増え、暑がりになってきます。大人より1枚少なめで。

◎1歳~・・・動きやすく、着脱しやすい上下別々なもの。

◎2歳~・・・自分で着脱しやすい、シンプルなデザインのもの。

 

冬に暖房を効かせすぎたり、夏に冷房を効かせすぎたりすると、自分で体温を調整して外気温に適応する力が弱くなってしまいます。1年を通して薄着を心がけることで、お子さんが『自分自身で体温を調整する力』を育ててあげましょう!!

子育てコンシェルジュ相談

乳幼児健診時や、市内の子育て支援センターにて子育て相談を実施しています。

子育ての疑問や保育園、幼稚園のことなどお気軽にご相談ください♬

下記より、2月の子育てコンシェルジュ相談の予定を確認できます!!

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る