お知らせ

【子育てコラム】~子どもの言葉を育むために~

豊かな言語環境が言葉をはぐくむ

 子どもは、生まれてからおおよそ1年後くらいから、「ママ」などの単語、その後「ワンワン、きた」などの二語文を話し始め、だんだんと会話に近い言葉を話すようになっていきます。ただし、1歳ですぐに2~3語話す子もいれば、3歳になっても話さない子もいるなど、個人差がとても大きいことが言葉の発達の特徴です。

 子どもが言葉を話すためには、言葉の意味を理解していなければなりません。言葉の意味を理解するには、実際の体験や物と言葉が結びつくことが必要です。大人が子どもの動きに合わせて表情豊かに語りかけることにより、子どもにとって生きた言葉が身についていきます。子どもの言葉の発達のためには、日常生活のさまざまな経験や、大人たちとの関わりの積み重ねがとても大切なのです。

 今回は、子どもの言葉を育むためのポイントについてご紹介します。

※詳しくは、下記よりご確認ください。

関連ファイルダウンロード

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?