新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルスワクチンについて(令和3年7月26日現在)

新型コロナウイルスワクチンの接種について

現在、市民の皆さまが円滑にワクチン接種をできるよう、国・県・医療機関と連携し、接種の準備を進めています。今後、ワクチン接種に関するスケジュール等につきましては、決まり次第速やかに市民の皆さまへ情報提供いたします。

 

接種順位(国が定めた接種順位)

1.医療従事者等

2.65歳以上の高齢者の方(令和3年度中に65歳以上になる方)

3.高齢者の方以外で基礎疾患をお持ちの方

3.高齢者施設等の従事者

3.60歳から64歳の方(ワクチンの供給量によります。)

4.16歳以上の上記以外の方

 

接種券の発送およびワクチンの接種開始時期

令和3年5月6日から下記のとおり、発送しております。

※ワクチンの供給状況により、85歳以上の方から段階的に接種券の発送を予定しております。

「接種券付き予診票」にて接種を受けた方へ:医療従事者、高齢者施設従事者、エッセンシャルワーカー等

  一部の接種済みの方へも接種券が発送されます。その場合は、届いた接種券は使用せず、適切に処分してください。

  「接種券付き予診票」による接種は、接種結果の確認までに時間がかかり、その間に発送時期を迎えてしまうためです。

(概ね下記のとおり。随時更新します。)

  接種券発送(予定) 接種開始時期(予定)
 85歳以上  5月6日(発送)  5月24日~
80歳以上  5月11日・12日(発送)
 75歳以上 5月14日・15日・17日(発送)
70歳以上 5月25日・26日・27日(発送)

 

6月~7月

(茨城県大規模接種会場を含む)

   
65歳以上 6月8日・9日(発送)

 基礎疾患を有する方で

事前に申請をされた方

6月15日(発送)

60歳以上

6月18日(発送) 

50歳以上 

6月29日(発送) 

 7月~8月

(茨城県大規模接種会場を含む)

 40歳以上

7月7日(発送)

8月下旬頃

( 予定)

30歳以上

7月9日(発送)

9月~10月頃

(予定)

20歳以上

7月14日(発送)

16歳以上

7月19日(発送)

11月頃(予定)

※基礎疾患の優先接種申請については、6月25日までにご申請いただいた分を送付しております。

今後は受付後、随時送付いたします。

 

接種費用

ワクチン接種は、無料です。

※副反応が出た場合の対応には個人負担が発生します。

 

接種方法と流れ

ワクチン接種は、予約が必要になります。

電話またはインターネットでの予約が可能です。予約開始時期については、通知にてお知らせいたします。

予約開始直後お昼の時間帯は大変繋がりにくくなっております。混みあう時間を避けて予約をお願いいたします。Webでの予約は午前11時以降はつながりやすくなります。(5月11日現在)

 

1 接種券(クーポン券)が届く

  国が定めた接種順位に基づき、下記を送付いたします。

   ・接種券(クーポン券)

   ・予診票

   ・新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

 

2 予約をする(電話またはインターネット)

 1回目接種を予約したときに、2回目接種が自動で仮予約となります。

 2回目接種は、1回目接種と同じ医療機関・会場で、ファイザー社製ワクチンは3週間後、武田/モデルナ社製ワクチンは4週間後の同じ曜日、同じ時刻になります。1回目接種を受けた後に2回目予約が確約となります。

 ■電話予約:鉾田市新型コロナウイルスワクチン接種予約コールセンター 0570-062-567

      受付時間は、平日9:30〜17:00までとなります。  

 ■インターネット予約:予約はこちら(新しいウインドウで開きます)から

      受付時間は、24時間受け付けております。

               (※不定期・予告なしにメンテナンスを行う場合があります。) 

      インターネット予約の流れはこちら(新しいウインドウで開きます)をご覧下さい。

 

3 1回目ワクチン接種

  予約した日時・医療機関にてワクチンを接種。

  2回目ワクチン接種日時の確認。

 

4 2回目ワクチン接種

 2回目のワクチン接種。ワクチン接種完了。

 

接種が受けられる場所

原則として、住民票がある市町村(住所地)で接種を受けていただきます。

鉾田市では、市内15の医療機関で接種を受けられます。(個別接種)

ただし、例外として下記の場合は住所地外でも接種を受けることができます。

【申請が不要】

・入院または高齢者施設などへ入所中の方

・基礎疾患を持つ方がかかりつけ医の下で接種する場合

申請が必要】

・出産のために里帰りしている妊産婦

・遠隔地へ下宿している学生

・単身赴任者   など

 

茨城県新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場について

茨城県が主催する新型コロナウイルスワクチン大規模接種についてはこちらから(新しいウインドウで開きます)

 

基礎疾患のある方の優先接種の届出受付について

基礎疾患のある方については、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高いことから、医療従事者、高齢者に次ぐ接種順位となっております。

65歳未満の基礎疾患を有する方から申し出があった場合は、優先して接種券を送付します。

※接種券の発送は、高齢者(65歳以上)の接種券発送が完了した後の発送を予定しておりますのでご承知おきください。発送時期は随時更新してまいります。

【対象者】

下記の基礎疾患を有する市内在住の16歳から64歳までの方

1.以下の病気や状態で、通院または入院されている方

(1)慢性の呼吸器の病気

(2)慢性の心臓病(高血圧を含む。)

(3)慢性の腎臓病

(4)慢性の肝臓病(肝硬変等)

(5)インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病

(6)血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)

(7)免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)

(8)ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

(9)免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患

(10)神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)

(11)染色体異常

(12)重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)

(13)睡眠時無呼吸症候群

(14)重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

 

【申請様式】

64歳以下】基礎疾患における優先接種のための接種券送付申請書※下記、関連書類ダウンロードをご参照ください。

【申請書配布場所】

・公式サイト

・各保健センター窓口

【申請方法】

下記の方法により、申請をお願いいたします。なお、申請に診断書等は不要です。

(1)メールによる申請

件名を「【基礎疾患】〇〇〇〇(申請者氏名)」とし、申請書ファイル(ファイル名を「【基礎疾患】〇〇〇〇(申請者氏名).xlsx」としてください。)に必要事項を入力・添付のうえ、健康増進課あてに送信してください。

鉾田市健康増進課メールアドレス kenkou [at] city.hokota.lg.jp  ※ [at] を @ に置き換えてください

(2)郵送による申請

申請書に必要事項を記入のうえ、健康増進課あてに郵送してください。

〒311-1517  

鉾田市鉾田1443番地  

鉾田保健センター内 鉾田市健康増進課 コロナワクチン接種担当 宛

(3)窓口提出による申請

申請書に必要事項を記入のうえ、各保健センター窓口にご提出ください。

【受付期限】

随時受付中です。

なお、申請後、予約ができるようになるまでには、概ね1~2日ほど時間を要しますのでご注意ください。

 

新型コロナウイルスワクチン接種証明書について【海外利用対象】

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」は、新型コロナウイルスワクチン接種を受けたことを証明するもので、当面は、諸外国への入国時の防疫措置の緩和等のため、諸外国にワクチン接種証明書の提示を求められた場合に提示するものとしての利用を想定しています。そのため、発行対象者は、海外渡航予定のある方とします。

また、鉾田市で接種証明書を発行可能な方は、接種日時点で鉾田市に住民票のある方になります。

例えば、

・引っ越しなどで1回目と2回目で接種した市町村が異なる場合は、それぞれの市町村に対して申請する必要がございます。

・医療従事者や高齢者施設等従事者で、他市町村に住民登録しているが、鉾田市内で接種を受けた場合は、接種日時点で住民登録のある市町村へ申請してください。

 

【厚生労働省】海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(新しいウインドウで開きます)

 

1 申請方法

 申請方法は、郵送または窓口申請の二通りです。

(1)郵送申請

「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書 交付申請書」を記入し、必要書類と一緒に郵送してください。記載内容等を確認し、接種証明書を後日郵送にて交付いたします。

※返送用封筒(切手貼付、住所記載)が必要です。

 

【郵送先】

 〒311-1517

 鉾田市鉾田1443番地 鉾田保健センター

 鉾田市健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種担当 宛

 (2)窓口申請

「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書 交付申請書」を記入し、必要書類と一緒に窓口へ提出してください。接種事実の確認が困難な場合は、即日交付できませんのでご注意ください。

 

【窓口】

鉾田市鉾田1443番地 鉾田保健センター内 鉾田市健康増進課 窓口

月曜日から金曜日まで(祝日を除く) 午前8時30分から午後5時15分まで

2 申請に必要なもの

申請に必要な書類は以下の通りです。なお、(2)~(4)については、、写しでも差し支えありません。

(1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書 交付申請書(以下、申請書という。) 

   ※ページ下部からダウンロードしてください

(2)旅券 ※有効期限が切れていないもの

(3)接種済証または接種記録書 ※接種済証や接種記録書を紛失した場合、予診票の提示をお願いします。

(4)旧姓・別名等が確認できる本人確認書類(戸籍抄本等)

   ※旅券に旧姓・別名の記載がある場合は必ずご提出ください。

(5)委任状

   ※本人以外が申請する場合は、必ずご提出ください。申請者が同居の親族であっても必要です。

   ※代理人の本人確認書類も必要です。

(6)返信用封筒(切手貼付、住所記載)および送付先住所が記載された本人確認書類の写し

   ※郵送による申請に限ります。

 

3 注意事項

(1)申請する方の接種事実の確認が困難な場合、発行までに時間がかかる場合があります。

(2)書類に不備等があった場合に、申請者へ連絡する場合がありますので、必ず連絡が取れる電話番号を記入してください。

(3)接種証明書の発行手数料はかかりません。

(4)この証明書は、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症の接種を受けた方を対象に発行します。国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象になりません。

 

よくある質問

よくある質問をまとめましたので、ご参照ください。⇒よくある質問(新しいウインドウで開きます)

 

コールセンター

鉾田市コールセンター(相談)

鉾田市でのコロナワクチン接種についてお知りになりたい場合は、こちらへお問い合わせください。

☆電話番号:0570-088-210

☆受付時間:9:30~17:00(土日、祝日を除く)

 

茨城県コロナワクチンコールセンター(副反応相談窓口)

副反応についてお知りになりたい場合は、こちらへお問い合わせください。

☆電話番号:029-301-5394

☆受付時間:8:30~22:00(土日、祝日も開設)

 

厚生労働省コロナワクチンコールセンター

ワクチンの効能や注意点などについてお知りになりたい場合は、こちらへお問い合わせください。

☆電話番号:0120-761-770

●対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語

☆受付時間:9:00~21:00(土日、祝日も開設)

日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語

タイ語:9:00~18:00※上記言語対応時間と異なりますのでおかけになる際はご注意ください。

ベトナム語:10:00~19:00※上記言語対応時間と異なりますのでおかけになる際はご注意ください。

 

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は強制ではありません。必要性や副反応についてよく理解したうえで、接種を受ける同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをすることがないようお願いいたします。

 

副反応について

■ワクチン接種後、数日以内に現れる可能性がある副反応■

現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。ひどい痛みや腫れ、高熱など重い症状と思われる場合には、医師の診察を受けてください。(ファイザー社のワクチンにおける臨床試験の主な結果はこちら、武田/モデルナ社のワクチンにおける臨床試験の主な結果はこちら、接種開始後の健康状況調査の結果はこちら)
新型コロナワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、厚生労働省の特設ページ 「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。

 

■ワクチン接種後、すぐに現れる可能性がある副反応■

じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどのアレルギー反応が起きた場合、アナフィラキシーショックの疑いがあります。起こることはまれですが、症状が起こった時すぐに対応できるよう、接種後しばらく接種会場に待機していただきます。症状がみられた場合は、医師や看護師等に伝えてください。 帰宅後に症状がみられた場合は、接種を受けた医療機関へ連絡し相談してください。集団接種会場で接種を受けた方は、かかりつけ医や最寄りの医療機関へご相談ください。症状が重い場合はただちに119番通報してください。

 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

 

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
市区町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。
困ったときは一人で悩まず、消費者ホットライン188に御相談ください。

 

鉾田市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画

市では円滑かつ迅速な接種ができるよう、新型コロナウイルスワクチン接種実施計画を策定いたしました。

この計画に則り、市民の皆さまが速やかに、そして安心・安全にワクチンを接種できるよう、準備を進めます。

鉾田市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(新しいウインドウで開きます)

 

ワクチン接種関係リンク集

首相官邸「新型コロナワクチンについて」(新しいウインドウで開きます)

厚生労働省「コロナワクチンナビ」(新しいウインドウで開きます)

厚生労働省「新型コロナワクチンについて」(新しいウインドウで開きます)

厚生労働省「新型コロナワクチンの有効性・安全性について」(新しいウインドウで開きます)

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」(新しいウインドウで開きます)

ファイザー社ホームページ(新しいウインドウで開きます)

武田薬品工業ホームページ(新しいウインドウで開きます)

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

〒311-1517 鉾田市鉾田1443番地(鉾田保健センター内)

電話番号:0291-33-3691(直通) ファックス番号:0291-33-3717

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?