健康・福祉・医療

主な給付

療養の給付

病院などの窓口で保険証を提示すれば医療費は一部(自己負担割合に応じた額)を支払うだけですみます。



自己負担割合

所得区分 自己負担割合 認定証の交付
現役並み所得者III

同一世帯に住民税課税所得が690万円以上の被保険者がいる方

3割
※被保険者の収入や世帯状況によって1割に変わることもあります。詳しくは保険年金課までお問い合わせください。

認定証を提示する必要はありません。
現役並み所得者II

同一世帯に住民税課税所得が380万円以上の被保険者がいる方

申請により限度額認定証の交付を受けることができます。

現役並み所得者I

同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の被保険者がいる方

一般 現役並み所得者・低所得者以外の方 1割 認定証を提示する必要はありません。
低所得者II

世帯全員が住民税非課税の方

(低所得者1を除く)

申請により限度額認定・標準負担額減額認定証の交付を

受けることができます。

低所得者I

世帯全員が住民税非課税で、世帯員各人の所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方

 

 

入院時食事代(1食当たり)

低所得者I・IIに該当する方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関にご提示ください。

区分 金額
現役並み所得者・一般 460円
低所得者II 90日までの入院 210円
過去12か月で90日超えの入院 160円
低所得者I   100円



高額療養費

1ヶ月の医療費の負担が一定額を超えた場合、申請して認められると限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。



高額介護合算療養費

世帯の被保険者に、後期高齢者医療と介護保険の両方の自己負担があり、1年間(毎年8月から翌年7月まで)の自己負担額を合計して、下記の限度額を超えた場合には、申請により超えた分が支給されます。

平成30年8月~

所得区分 自己負担限度額
現役並み所得者III

2,120,000円

現役並み所得者II 1,410,000円
現役並み所得者I 670,000円
一般 560,000円
低所得者II 310,000円
低所得者I 190,000円

 

 

療養費

やむをえず保険証を持たずに治療を受けたときや、コルセットなどの補装具代を全額自己負担したときは、申請すると自己負担割合を除いた額が支給されます。
申請には、診療報酬明細書または医師の意見書、領収書、保険証、印鑑等が必要です。



葬祭費

加入者が亡くなったとき、葬祭を行った方に葬祭費(50,000円)を支給します。
申請には、保険証、葬儀の礼状または葬祭店の領収書、喪主の印鑑、喪主の金融機関の口座が必要です。



交通事故やけがをしたとき

交通事故など、第三者の行為によってけがをした場合、届出により後期高齢者医療制度で保険給付を受けることができます。後期高齢者医療制度が負担した分については、後日その医療費を被害者にかわって加害者に請求することになりますので、示談の前に必ず保険年金課までご連絡ください。



問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

市役所本庁舎 1階 〒311-1592 鉾田市鉾田1444番地1

電話番号:0291-36-7642 ファックス番号:0291-32-2128

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る