くらし・手続き・環境

公共下水道事業の概要

下水道整備の趣旨

 近年の産業経済構造の変化や生活様式の多様化に伴い、生活排水を中心に汚水量が増大し、生活環境が悪化しています。また、鉾田市は湖沼水質保全特別措置法指定湖沼である北浦(霞ヶ浦)流域の最北端に位置しております。北浦の水質は指定湖沼の中でも極めて悪い状況にあり、その水質改善が急務となっております。

 このため、公共下水道を整備することにより、生活環境の改善と併せて公共水域の水質保全を行うものです。

 

下水道事業の経過

期日内容
昭和62年頃 旧鉾田町の単独公共下水道として計画を進めたが、処理場立地に対する反対から計画を断念
平成8年頃 流域下水道構想(旧鉾田・旭・大洋・北浦)が持ち上がり、国・県等関係機関と協議を進めたが合意に至らず断念
平成15年 鉾田町単独公共下水道基本構想全体計画策定
平成17年 下水道法事業認可、都市計画法事業認可、管渠整備着手
平成23年 事業認可変更
平成24年 事業認可変更
平成25年 供用開始

 

下水道計画の概要

No種別全体計画区域事業認可区域
1 計画目標年次 平成37年度 平成31年度
2 計画面積 348ha 198ha
3 計画処理人口 6,530人 4,118人
4 処理能力 2,659m3/日 2,000m3/日
5 管渠延長 77,800m   -
6 処理施設名称 鉾田水処理センター
7 処理方法 高度処理オキシデーションディッチ法+凝集剤添加+急速ろ過
8 総事業費(全体計画) 11,904百万円
管渠整備 7,989百万円
処理場整備 3,915百万円

※下水道区域については、下記図面参照

 

公共下水道事業の整備状況

年度 整備内容 整備率 
平成17年度 管渠工事    L=1,754m  2.0%
処理場工事  0.0%
平成18年度 管渠工事    L=1,297m  4.0%
処理場工事    0.0%
平成19年度 管渠工事    L=1,941m  6.0%
処理場工事  (地盤改良工事)  1.0%
平成20年度 管渠工事    L=3,648m  11.0%
処理場工事  (地盤改良工事)  15.0%
平成21年度 管渠工事    L=3,821m  16.0%
処理場工事  (土木建築工事)  35.0%
平成22年度 管渠工事    L=1,322m  18.0%
処理場工事  (土木建築工事・電気機械工事)  45.0%
平成23年度 管渠工事    L=3,420m  22.0%
処理場工事  (電気機械工事・場内整備工事)  50.0%
平成24年度 管渠工事    L=4,597m  28.0% 
処理場工事  (電気機械工事・場内整備工事)   60.0%
平成25年度 管渠工事    L=1,665m  30.0% 
処理場工事  (汚泥脱水機械工事)   65.0%
平成26年度 管渠工事    L=1,813m  32.0%
平成27年度以降 管渠工事    L=52,522m  100.0%
処理場工事  (第2系施設、第3系施設)  100.0%

 

水処理センター建設状況(平成23年1月撮影)

土木建築工事が完成した鉾田水処理センター

『鉾田水処理センター01』の画像 『鉾田水処理センター02』の画像

『鉾田水処理センター03』の画像 『鉾田水処理センター04』の画像

 

管渠整備工事

 推進工事

『推進工事』の画像

開削工事

『開削工事』の画像

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは下水道課です。

〒311-1522 鉾田市塔ヶ崎790番地2

電話番号:0291-32-8381 ファックス番号:0291-32-8382

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る