市長の部屋

平成30年7月

7月30日(月)曽谷岳琉選手 柔道全国大会出場

 市内在住の高校生 曽谷岳琉さん(鹿島学園2年)が、6月10日に開催された茨城県高等学校定時制通信制柔道大会兼全国予選会(会場:県立水戸南高等学校)において優勝、全国大会出場が決定したことを報告に来てくださいました。

 8月5日(日)に開催される第49回全国高等学校定時制通信制柔道大会(会場:講道館)90キログラム以下級に出場されるとのことです。

 全国大会でもがんばっていただけるよう、激励いたしました。

『曽谷岳琉選手』の画像

7月30日(月)鉾田市旭地区高齢者クラブ連合会 第12回カラオケ発表会

 鉾田市旭地区高齢者クラブ連合会の第12回カラオケ発表会に出席してまいりました。

 私も気持ちよく一曲歌わせていただき、参加した102名の皆さんも、楽しそうに、いきいきとした表情で歌っておりました。

 歌うことは、健康にも良いとされています。これからも、お気に入りの歌とともに、元気に楽しく過ごしていただけたらと思います。

『旭地区(1)』の画像

『旭地区(2)』の画像

『旭地区(3)』の画像

7月28日(土)・29日(日)第73回国民体育大会 関東ブロック大会

 平成31年度、いきいき茨城ゆめ国体2019で山岳競技の会場となる鉾田総合公園において、今年度の国体予選となる関東ブロック大会が開催されました。

 全国トップクラスの選手を有する茨城県代表。野口啓代選手を始め、好成績で国体出場への切符を獲得しました。

 今回の大会では、JA茨城旭村、JAほこたの協賛により、入賞者に鉾田市産メロンを贈呈させていただきました。

『関東ブロック(1)』の画像

『関東ブロック(2)』の画像

『関東ブロック(3)』の画像

ボルダリング2位、リード競技1位となった茨城県代表 成年女子の小林由佳選手(左)、野口啓代選手(右)

7月28日(土)子育て応援プロジェクト事業

 大洋公民館において毎年開催されている子育て応援プロジェクト事業。この事業は、社会福祉協議会が主催し、鉾田市ファミリーサポートセンターが共催となり開催しています。

 当日は、台風という悪天候でしたが、たくさんの親子が参加してくださいました。

 ミュージックケアや人形劇「みにくいあひるのこ」で、親子で楽しい時間を過ごせていただけたと思います。

『子育て応援(1)』の画像

『子育て応援(2)』の画像

『子育て応援(3)』の画像

7月27日(金)長野県軽井沢町表敬訪問 発地市庭夏祭りでメロン販売

 長野県軽井沢町との取組強化を図るため、井川市議会議長、鈴木産業経済部長、田山商工観光課長とともに、軽井沢町に行ってまいりました。

 軽井沢町役場を表敬訪問し、藤巻町長を始め、佐藤副議長や商工観光担当者のみなさんと今後の取組についての展望や意見交換をさせていただきました。

 さらに、軽井沢発地市庭夏祭りに鉾田市のブースを設け、メロン販売を実施。軽井沢町の皆様に、鉾田市のメロンをPRしてまいりました。

『軽井沢(1)』の画像

『軽井沢(2)』の画像

『軽井沢(3)』の画像

7月26日(木)鉾田市男女共同参画推進委員会

 平成29年度に策定された「第3次鉾田市男女共同参画計画 あなたと私のチャレンジプラン~男女共同参画社会の道標(みちしるべ)~」において、計画された施策の評価や意見をいただくため、鉾田市男女共同参画推進委員会が発足されました。

 委員会のメンバーは、市民から選ばれた12名。いずれも市内で活躍される男女で構成され、協議をとおし、男性、女性も活躍できる鉾田市を目指し、男女共同参画計画を推進してまいります。

『男女共同参画(1)』の画像

『男女共同参画(2)』の画像

『男女共同参画(3)』の画像

7月22日(日)ノルディックウォーキング自然体験会

 鉾田市世界湖沼会議サテライト会場実行委員会主催のノルディックウォーキング自然体験会が、いこいの村涸沼を会場として行われました。

 当日は、最高気温36度という猛暑の中、参加者24名、スタッフ15名、計39名で、いこいの村涸沼を出発し、涸沼沿いから涸沼観光センターを折返し、いこいの村涸沼まで戻る6キロメートルを歩きました。

 参加者は、鉾田市をはじめ近隣市町村、いちばん遠くでは横浜市から来場された方もいて、涸沼の自然を感じながら全員無事に完走しました。

 次回の開催は、9月16日(日)に鹿島灘海浜公園を会場に行われます。

『ノルディック(1)』の画像

『ノルディック(2)』の画像

『ノルディック(3)』の画像

7月20日(金)夏の交通事故防止県民運動 ルートキャンペーン

 交通安全協会、安全運転管理者協議会、地域交通安全活動推進委員協議会、交通安全母の会連合会、鉾田ライオンズクラブ、鉾田警察署、市内小中学校・高校の協力により、夏の交通事故防止県民運動ルートキャンペーンを実施いたしました。

 サングリーン旭前 国道51号線沿いにおいて、地域活動センター「のぞみ」のみなさんに作成していただいた「わり箸セット」、「ポチ袋」、(一財)茨城県交通安全協会のボトルクーラー、啓発パンフレットを通勤される皆様に配布し、安全運転を呼びかけました。

『ルートキャンペーン(1)』の画像

『ルートキャンペーン(2)』の画像

『ルートキャンペーン(3)』の画像

『ルートキャンペーン(4)』の画像

7月19日(木)4Hクラブの会合に参加しました

 鉾田地区、旭地区の農業後継者で組織されている4Hクラブ。

 その4Hクラブにおいて、市役所で野菜の直売ができないか?というアイデアが出ているということで、市の農業を担っていく若い後継者の考えを伺うため、会合に参加しました。

 クラブのみなさんの考え方、市の思いなど意見を交換し、有意義な時間となりました。

4Hクラブをはじめ、市の若者が街おこしの核にならないか?と考えております。

『4Hクラブ』の画像

7月19日(木)茨城県交通安全キャラバン隊メッセージ伝達式・歓迎セレモニー

 茨城県交通安全母の会連合会は「交通安全は家庭から」の活動方針のもと、県民の交通安全意識の更なる高揚と交通事故の防止を図ることを目的に、茨城交通安全キャラバン隊を実施しています。

 本日、鉾田市役所にキャラバン隊が到着し、茨城県交通安全母の会連合会 神戸会長から交通安全に取り組むメッセージの伝達を受け、鉾田市として、会長をはじめキャラバン隊、母の会の皆様へ、交通安全への取り組みについての決意表明をいたしました。

 会場では、鉾田南中学校吹奏楽部による演奏が披露され、キャラバン隊を歓迎しました。

『キャラバン隊(1)』の画像

『キャラバン隊(2)』の画像

『キャラバン隊(3)』の画像

『キャラバン隊(4)』の画像

『キャラバン隊(5)』の画像

7月18日(水)大竹海岸鉾田海水浴場海開き式

 市観光協会、鉾田消防署、鉾田警察署、大竹SLSCと市の関係者等が出席し、大竹海岸鉾田海水浴場の海開き式が行われました。

 当海水浴場は、19年間連続無事故を継続している、安心・安全の海水浴場となっており、今年度も無事故・無災害であることを祈願してまいりました。

 海水浴場の開設期間は、7月21日(土)から8月19日(日)です。多くのお客様のご来場を、心よりお待ちしております。

『海開き式(1)』の画像

『海開き式(2)』の画像

『海開き式(3)』の画像

7月14日(土)水難事故合同訓練(大竹海岸鉾田海水浴場)

 7月21日(土)の海開きを前に、大竹海岸鉾田海水浴場において、鉾田警察署、茨城海上保安部、鹿行広域事務組合消防本部・消防署所・大竹SLSC、鉾田市による水難事故を想定した合同訓練が行われました。

 水難事故という人命にかかわる状況において、それぞれが協力し連携しあい、救助者の救命救急への取組は最初から最後まで緊張感のあるものでした。

 今回の訓練によって、いざ事故が発生した場合であっても、迅速に対応できることが確認でき、これからの海水浴シーズン、大竹海岸鉾田海水浴場へいらっしゃるお客様に安心して、海水浴を楽しんでもらえることと思います。 

『合同訓練(1)』の画像

『合同訓練(2)』の画像

『合同訓練(3)』の画像

『合同訓練(4)』の画像

7月12日(木)鉾田市歌謡連合 美翔会から社会福祉協議会へ寄附をいただきました

 7月8日()に開催された鉾田市歌謡連合 美翔会発表会において、集まった寄附金を社会福祉協議会の事業に役立ててほしいと、美翔会の皆様が届けてくださいました。

 いただいた寄附金は、鉾田市社会福祉協議会の事業に大切に使わせていただきます。

 寄附をしてくださった方々、美翔会並びに参加者の皆様に、改めて感謝申し上げます。

『美翔会寄附』の画像

7月12日(木)シルバーボランティア清掃

 鉾田市シルバー人材センターに登録されているみなさんが、ボランティアで新鉾田駅周辺の清掃をしていただけるということで、私も参加してまいりました。

 参加していただいた約70名のボランティアのみなさんには、2019年国体PR用の軍手を配布し、駅前の植え込みやロータリーの草刈やせん定をしていただきました。

 みなさんのご協力により、新鉾田駅周辺が見違えるようにきれいになり、鉾田市に来ていただける方々を気持ちよくお迎えできるようになりました。

『シルバーボランティア(1)』の画像

『シルバーボランティア(2)』の画像

『シルバーボランティア(3)』の画像

7月10日(火)鉾田保健所統合中止を求める要望書を提出してまいりました

 近隣保健所との統合の方針がしめされている鉾田保健所について、統合の中止を要望するため、井川市議会議長、寺門副市長、石﨑教育長、関谷総務部長、金沢健康福祉部長とともに、茨城県 大井川知事に統合の中止を求める要望書を提出してまいりました。

『要望書』の画像

7月8日(日)鉾田市歌謡連合美翔会 発表会

 歌謡連合美翔会の発表会に行ってまいりました。

 歌謡連合の発表会ということで、あいさつの代わりに、私も1曲歌わせていただきました。

 参加した186名のみなさんは、この日のために練習してきた歌を楽しそうに歌っていました。

 歌うことは、運動をすることのようにカロリーを消費し、脳も活性化され、健康に良いと言われています。

 これからも楽しく健康に、歌を続けていただけたらと思います。

『美翔会(1)』の画像

『美翔会(2)』の画像

『美翔会(3)』の画像

ごあいさつ

7月も半ばに差し掛かり、暑い日が続きますが、市民の皆様には、ご健勝でお過ごしのこととお喜び申し上げます。

報道にもありました、先の西日本豪雨により大変な被害に会われ、亡くなられた方、未だに行方が分からない方が多数おられることに対し、衷心からお見舞いを申し上げ、一日も早い解決と復旧をお祈りいたします。

さて、皆様も既にご存知とは思いますが、鉾田市では、7月1日から「石﨑千惠子」新教育長が誕生いたしました。

石﨑教育長におかれましては、教育現場と教育行政の両面に亘り、長い間携わってきた経験を生かし、市教育行政を牽引していただきたいと思います。

また、大竹海岸鉾田海水浴場の開設、夏の高校野球茨城県大会の開始と、夏を迎えたと実感できる行事が続きます。

海水浴場は、今年度も事故の無いシーズンでありますように願い、高校野球は、鉾田一高・鉾田二高の両校に頑張っていただき、市の活性化に繋がっていけばと、心から期待をしております。

これからも暑い日が続くかと思われますが、市民の皆様には熱中症等、健康に充分気を付けて、楽しい日々をお過ごし下さい。

『あいさつ』の画像

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策秘書課です。

市役所本庁舎 2階 〒311-1592 鉾田市鉾田1444番地1

電話番号:0291-36-7151 ファックス番号:0291-32-4443

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る