母子の健康

予防接種

  • 『予防接種イメージ』の画像出生届を出された方には、赤ちゃん訪問の際に「予防接種手帳」と「予防接種予診票一式(就学前まで)」を交付します。
  • 転入の方は母子健康手帳をお持ちの上、健康増進課(各保健センター)にお越しください。小学校就学前までの未接種分の「予防接種予診票」を交付します。
  • 定期予防接種は、鉾田市の予防接種予診票と母子健康手帳を持参して医療機関で接種してください。
    なお、接種を希望する医療機関へは、電話等で予約をしてください。(茨城県定期予防接種広域化事業協力医療機関で接種できます。茨城県医師会のホームページで確認できます。)
  • 予防接種を受ける前に、予防接種手帳でワクチンの効果や副反応を確認してから接種を受けましょう。

定期予防接種(小学校就学前まで)

種別対象年齢標準的な接種方法(望ましい時期・接種回数等)
Hib(ヒブ)

生後2か月~60か月に至るまで

 

初回接種開始時期:
 (1)生後2か月〜7か月に至るまでの場合27 〜56日間隔で3回接種
 (2)生後7か月〜12か月に至るまでの場合27 〜56日間隔で2回接種
  ※(1)の場合の3回目及び(2)の場合の2回目接種は1歳未満までに終了すること。)
 (3)生後12か月〜生後60か月に至るまでの場合1回接種
追加接種:
 (1)と(2)の場合、初回終了後、7 〜13か月の間隔で1回接種

小児用肺炎球菌

生後2か月~60か月に至るまで

初回接種開始時期:
 (1)生後2か月〜7か月に至るまでの場合27日以上の間隔で3回接種
  ※初回2回目の接種は生後12月までに、3回目は2歳未満までに行う。
 (2)生後7か月〜12か月に至るまでの場合27日以上の間隔で2回接種
  ※初回2回目の接種は2歳未満までに行う)
 (3)生後12か月〜生後24か月に至るまでの場合1回接種後60日以上の間隔で1回接種
 (4)生後24か月〜生後60か月に至るまでの場合1回接種

追加接種:
 (1)と(2)の場合、1歳の誕生日以降で、初回終了後60日以上の間隔で1回接種

B型肝炎 生後12 か月に至るまで 生後2か月〜生後9か月未満
1回接種後27日以上の間隔で2回目接種、1回目から139日以上の間隔で1回追加接種
四種混合  生後3 か月〜生後90 か月に至るまで

・1期初回接種(基礎免疫をつけるための接種)
 生後3か月〜生後12か月に達するまでに20〜56日の間隔で3回接種

・1期追加接種(免疫を強くするための接種)
 1期初回(3回目)終了後、12か月に達したときから18か月に達するまでの期間に1回接種

BCG 生後12 か月に至るまで 生後5か月〜生後8か月に達するまでの期間に接種(1回接種)
MR(麻しん風しん混合) 1 期:生後12 か月〜24 か月に至るまで
2 期:小学校就学前の1 年間

1期: 1歳のときに1回接種

2期:令和2年度小学校就学予定児(H26.4.2 〜H27.4.1生まれ)が、今年度中(R3.3.31まで)に1回接種

水痘 生後12 か月〜36 か月に至るまで 生後12か月〜15か月に達するまでの期間に1回目の接種期間とし、6か月〜12か月の間隔をおいて2回目の接種
日本脳炎

1 期:生後6 か月〜生後90 か月に至るまで
2 期:9 歳以上13 歳未満(誕生日の前日まで)

1期:初回接種は3歳のときに6 〜28日の間隔で2回接種。初回接種終了後おおむね1年をおいて追加接種1回

2期: 9歳のときに1回接種 

〈特例措置〉

1)平成12年4月2日~平成19年4月1日生まれで20歳未満の方

2)平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれで13歳未満の方

〈特例措置〉

1)、2)ともに1期(3回)と2期(1回)の不足回数分

主治医と相談し予防接種スケジュールを立てましょう。

予防接種後は・・・

高熱や、接種部位が異常に赤く腫れた等の副反応に注意しましょう。
体に異変が現れたときはすぐに病院へ行きましょう。
当日の激しい運動は避けてください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

〒311-1517 鉾田市鉾田1443番地(鉾田保健センター内)

電話番号:0291-33-3691(直通) ファックス番号:0291-33-3717

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る