健康・福祉・医療

認知症関連情報

オレンジカフェのご案内

認知症を地域で支えるオレンジカフェに、お気軽にお立ちよりください。

ひとりで抱え込まず、まずはお茶を飲みながらお話しをしてみませんか?

       
       
       
       
       
       
       
       

日 程

カフェの名称

場 所

担当事業所

9月11日(金)

オレンジカフェほこた

旭保健センター

介護保険課

10月23日(金)

ともカフェ

ともえ荘

社会福祉協議会

11月28日(土)

カフェ たいようの家

鉾田サンハウス

鉾田サンハウス

12月19日(土)

さんてカフェ

うぇるさんて大洋

うぇるさんて大洋

1月20日(水)

ほっとカフェもみやま

グループホーム和みの家

樅の木荘

2月27日(土)

ぬくもりカフェ東湖園

通所介護センター東湖園

東湖園

3月7日(日)

カフェ パパイヤたきも

通所リハビリテーションゆんたく

たきもとクリニック

認知症サポーター

認知症100万人キャラバン事業

 認知症について理解し、認知症の人やその家族を温かく見守り、支援する認知症サポーターを全国で100万人を目標に養成し、日本全国で認知症になっても安心して暮らせるまちを市民の手でつくっていくことを目指しています。

 本市でも認知症キャラバン事業を推進し、平成23年度末までに  人が認知症サポーターとなりました。高齢化が進む中で認知症になる人が増加していますが、認知症になっても、身近な人の理解やちょっとした手助けがあれば、穏やかに住みなれた自宅での生活を続けることが可能です。



認知症サポーターとは

 「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。とくに認知症サポーターは何かをしなくてはいけないというものではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者なってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動できればいいのです。

 たとえば友人や家族に学んだ知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。



認知症サポーター講座

 地域や職域・学校などで認知症の基礎知識について、またサポーターとして何ができるかなどについて学びます。1時間半程度の講座を1回受講していただきます。受講者には認知症への理解を深めた目印としてオレンジリングをお渡しします。

 キャラバン・メイト(講師役)を無償で派遣しますので、希望の方は地域包括支援センターへご連絡下さい。参加者が10人以上で会場が用意できるグループを対象とします。

大洋中学校での講座の様子 『『認知症サポーター』の画像』の画像

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護保険課です。

〒311-1517 鉾田市鉾田1443番地

電話番号:0291-36-7761 ファックス番号:0291-33-3717

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鉾田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る